コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リヨ・フィルター Lyot filter

1件 の用語解説(リヨ・フィルターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リヨ・フィルター【Lyot filter】

1933年フランスのB.リヨによって考案された複屈折干渉フィルター。透過波長幅が約1Å(0.1nm)以下と非常に狭いので,単色の太陽像を撮るのに使われる。図に示すように水晶や方解石などの結晶板に入射した光は,常光線と異常光線とで位相差を生じ,それを干渉させることにより,透過率が波長に対し周期的に変化するフィルターとなる。透過率の周期的変化は,結晶板の厚みにより異なり,透過極大波長の波長間隔は同じ材質では結晶板の厚さに反比例するので,厚さが2倍比の結晶板を重ね合わせると,透過波長幅の狭いフィルターとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リヨ・フィルターの関連キーワードフランシウムフランス組曲フランス領ギアナ世に世にサイヤンフランスソワールマンデスフランスリヨナソーセージ山田キクリヨン風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone