コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーユエ(日月)潭 リーユエたんRiyue tan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーユエ(日月)潭
リーユエたん
Riyue tan

タイワン (台湾) 中部,ナントウ (南投) 県の西部にある湖。面積 7.73km2。湖面標高 727m。北東部が円形,南西部が三日月形で,湖水も 2色に分かれていることから日月の名がつけられた。コイ,フナ,ソウギョ,ウナギなどの養殖が盛ん。湖畔の山地では古くからチャ(茶)が栽培され,特に紅茶が有名。7月の平均気温は 22.4℃で,台湾先住民の風俗や杵歌と相まって,観光地,避暑地となっている。東方のチュオシュイ (濁水) 渓から水を引いて水位を上げ,西方のメンパイタン (門牌潭) で発電を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リーユエ(日月)潭の関連キーワードプーリー(埔里)ソウギョ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android