ルイス ブニュエル(英語表記)luis Buñuel

20世紀西洋人名事典の解説

ルイス ブニュエル
luis Buñuel


1900.2.22 - 1983.7.29
フランス,メキシコの映画監督。
スペイン出身。
マドリード大で学び、ダリ等と親交を結び、シュルレアリスム運動に惹かれる。1923年パリに移り、’28年前衛映画「アンダルシアの犬」を発表、「黄金時代」(’30年)とともに注目を浴びた。’47年メキシコの商業映画界で活動し、「忘れられた人々」(’51年)でカンヌ映画祭監督賞受賞。’61年スペインで「ビリディアナ」でカンヌ映画祭大賞受賞。後、フランスで「昼顔」(’67年)、「ブルジョアジーの密かな愉しみ」(’72年)等、次々と話題作を製作。’77年発表の「欲望のあいまいな対象」が遺作となる。著書自伝「映画,わが自由の幻想」(’82年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android