ルイーゼ リンザー(英語表記)Luise Rinser

20世紀西洋人名事典の解説

ルイーゼ リンザー
Luise Rinser


1911 -
ドイツの小説家
ピッツリング生まれ。
ミュンヘン大学で心理学教育学を学び、小学校教師を経て、1939年作家生活に入る。’41年「ガラスの波紋」はヘッセに絶賛されるが、同年執筆を禁止され、’44年ナチスに対する反逆罪で投獄される。釈放後、「受刑日記」(’46年)を出版し、戦後、「人生の半ば」(’50年)など多くの作品を発表する。平明な文体で若い魂の悩みと発展を追求する、カトリック的な秩序と調和を持った作家である。他の作品に「ダニエラ」(’53年)、「ニーナ」(’61年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイーゼ リンザー

生年月日:1911年4月30日
ドイツの女流小説家
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android