ルイーゼ リンザー(英語表記)Luise Rinser

20世紀西洋人名事典の解説

ルイーゼ リンザー
Luise Rinser


1911 -
ドイツの小説家
ピッツリング生まれ。
ミュンヘン大学で心理学教育学を学び、小学校教師を経て、1939年作家生活に入る。’41年「ガラスの波紋」はヘッセに絶賛されるが、同年執筆を禁止され、’44年ナチスに対する反逆罪で投獄される。釈放後、「受刑日記」(’46年)を出版し、戦後、「人生の半ば」(’50年)など多くの作品を発表する。平明な文体で若い魂の悩みと発展を追求する、カトリック的な秩序と調和を持った作家である。他の作品に「ダニエラ」(’53年)、「ニーナ」(’61年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイーゼ リンザー

生年月日:1911年4月30日
ドイツの女流小説家
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android