コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルッペ ルッペ Luppe; iron ball

3件 の用語解説(ルッペの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルッペ
ルッペ
Luppe; iron ball

粒鉄。もとは「鉄塊」の意であるが,金属工業ではクルップ=レン法などで製造される粒径3~10mm程度の小粒鉄をいう。使用する鉄鉱石の種類によって良否の差がある。純良なものは優秀な製鋼用原鉄となるが,多くは硫黄の含有量が高いので,銑鉄製造用原料として溶鉱炉に装入される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルッペ
るっぺ
Luppeドイツ語

ロータリーキルンによる直接製鉄法の一つであるクルップ‐レンKrupp-Lenn法により還元された半溶融状の粒鉄。炉内の1200~1300℃の領域で生成され、半流動状のスラグを巻き込んでおり、0.5~1.0%の炭素を含む。クルップ‐レン法は微粉低質炭を用い、高ケイ酸質貧鉄鉱の処理に適するが、ルッペ中の硫黄(いおう)、リンが高く脱硫、脱リンの必要があり、溶鉱炉へ再装入することもある。[井口泰孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルッペの関連キーワード住友軽金属工業旋頭歌金属工業非鉄金属工業新豆陽金属工業光軽金属工業田中貴金属工業東海金属工業本多金属工業立花金属工業

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルッペの関連情報