コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルヌー Louis Renou

世界大百科事典 第2版の解説

ルヌー【Louis Renou】

1896‐1966
フランスのインド学者。1925年に学位を得,リヨン大学教授などを経て,37年ソルボンヌの教授となる。54‐56年には日仏会館館長として東京に赴任した。専門の中心はベーダ,とくに《リグ・ベーダ》の文献学的研究と,パーニニをはじめとするインド文法学(ビヤーカラナ)の解明とにあった。未完の《ベーダ・パーニニ研究》(1955‐66)をはじめ,パーニニの《アシュタードヤーイー》の翻訳(1948‐54)など多くの業績を残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルヌー
るぬー
Louis Renou
(1896―1966)

フランスのサンスクリット学者。リオン大学(1925~28)、パリ高等研究学院で(1929~37)教鞭(きょうべん)をとったのち、1937年以来ソルボンヌ大学教授となり、またシルバン・レビの後を受けて1935年以来パリのインド文化研究所を主宰した。46年フランス学士院の会員に選ばれ、54年~56年の間、日仏会館館長として東京に在任し、日仏文化、学術の交流に貢献した。その功によって、56年日本学士院客員会員となる。ベーダ学とインド土着文法学の研究に優れた貢献をしたが、インド古代の言語、文学、哲学、宗教をはじめとするインド学のほぼ全域にわたって不朽の業績を残した。辻直四郎著『ヴェーダ学論集』にルヌーの懇切な著作目録がある。[原 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ルヌー

生年月日:1896年10月28日
フランスの東洋学者
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ルヌーの関連キーワード建築家ヴィクトールベルヌーイ(Jakob Bernoulli)コルモゴロフ‐オルンシュタインの定理グランド・ホテル・エヴロパユーゲントシュティールCRマッキントッシュビーファイターアゲハペヤング ヌードルアビニョンの画家ベルヌーイの問題クリストゥス教会アントレプレナーベルヌーイの法則ベルヌーイの定理トゥンガバドラ川Zipドライブベルヌーイ試行ヘッドライトベンチュリ管ベルヌーイ数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android