コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルヌー Louis Renou

2件 の用語解説(ルヌーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルヌー【Louis Renou】

1896‐1966
フランスインド学者。1925年に学位を得,リヨン大学教授などを経て,37年ソルボンヌの教授となる。54‐56年には日仏会館館長として東京に赴任した。専門の中心はベーダ,とくに《リグ・ベーダ》の文献学的研究と,パーニニをはじめとするインド文法学(ビヤーカラナ)の解明とにあった。未完の《ベーダ・パーニニ研究》(1955‐66)をはじめ,パーニニの《アシュタードヤーイー》の翻訳(1948‐54)など多くの業績を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルヌー
るぬー
Louis Renou
(1896―1966)

フランスのサンスクリット学者。リオン大学(1925~28)、パリ高等研究学院で(1929~37)教鞭(きょうべん)をとったのち、1937年以来ソルボンヌ大学教授となり、またシルバン・レビの後を受けて1935年以来パリのインド文化研究所を主宰した。46年フランス学士院の会員に選ばれ、54年~56年の間、日仏会館館長として東京に在任し、日仏文化、学術の交流に貢献した。その功によって、56年日本学士院客員会員となる。ベーダ学とインド土着文法学の研究に優れた貢献をしたが、インド古代の言語、文学、哲学、宗教をはじめとするインド学のほぼ全域にわたって不朽の業績を残した。辻直四郎著『ヴェーダ学論集』にルヌーの懇切な著作目録がある。[原 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルヌーの関連キーワードインドシナ戦争ドーデフランス組曲フランス語フランス領インドシナフランダースの犬リトレフランスソワールマンデスフランスペキネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルヌーの関連情報