コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーニニ パーニニ Pāṇini

6件 の用語解説(パーニニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーニニ
パーニニ
Pāṇini

インド古代の文法家。前6世紀あるいは前5世紀頃の人。いわゆる『パーニニ文法』の編集者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パーニニ(Pāṇini)

前5~4世紀ごろのインドの文法学者。古典サンスクリット語の文法を研究。その集大成である全8巻の「パーニニ文典」(アシュターディヤーイー)によりインド文法学の基礎を確立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パーニニ

前5―前4世紀ころのインドのサンスクリット文法学者。北インドの出身。サンスクリット文法の細則に関する研究のほか,言語に関する哲学的研究も行った。その著《パーニニ文典》は今日でも古典サンスクリット文法の権威。
→関連項目パタンジャリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パーニニ【Pāṇini】

古代インド,前5~前4世紀の文法学者。通常《パーニニ文典(文法)》の名で知られる《アシュターディヤーイーAṣṭādhyāyī(八章編)》の著者。彼はベーダ語(ベーダの時代に用いられていたサンスクリットの古語)の用例を顧慮しつつ,〈文法を学ばずして,正しい語法をわきまえた人士〉の言語使用に範を取り,その当時西北インドに〈話し言葉〉とされていたインド・アーリヤ語に規矩を与え,サンスクリットをインドの文章語,雅語,聖語として定着させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パーニニ【Pānini】

紀元前四世紀頃のインドの文法学者。古典サンスクリット文法の規準をなす「パーニニ文典(アシュターディヤーイー)」を著した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーニニ
ぱーにに
Pini

生没年不詳。紀元前5~前4世紀ころの古代インドの著名な文典家。西北インドの人。その著『アシュターディヤーイー』Adhyy(『パーニニ文典』とも)によって不朽の名を残す。本書は、サンスクリット語の文法規則を記号化し、きわめて簡潔な文体でまとめたものだが、これにより古典サンスクリットが「正しい(サンスクリタ)」規範を与えられたと同時に、文法学も単なるベーダの補助学から、完全に一つの独立した学問として体系組織化されるに至った。パーニニの文典はその後のインドにおける文法学の発達に確かな礎(いしずえ)を提供したばかりでなく、近代言語学の発達にも少なからず貢献している。[矢島道彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパーニニの言及

【インド文学】より

…プラーナとは〈古譚〉を意味し,宇宙の創造,その破壊と再建,神々および聖賢の系譜,人間の始祖マヌの支配する長期間の記述,日種および月種の王族の系譜の5題目を主題とする規定であるが,現存のプラーナ文献の多くはヒンドゥー教の主神ビシュヌとシバの両神に関する神話,伝説を主体とし,信徒は宗派の聖典とみなしている。二大叙事詩の言語はすでに古代のベーダ語に比し変化を示しているが,前4世紀に大文典家パーニニが出て古典サンスクリット語の基礎を確立するに及び,この言語は文章語として,俗語を基礎として発達したプラークリット語とともに,中古文学の用語として使用され,幾多の傑作・逸品を残した。
【中古文学(古典サンスクリット文学)】
 素朴単純なベーダの宗教文学は,中古文学にいたって内容とともに文体,措辞,韻律の方面で著しい発達をとげ,修辞と技巧を主とする繊細華麗な美文体のカービヤ文学時代を現出し,各分野にインド文学の最盛期を画した。…

【カーティヤーヤナ】より

…前250年ころの人。サンスクリット文法学の最初の成果であるパーニニの《アシュターディヤーイー》に対する注解《バールティカ》を著した。しかしそれは単なる祖述にとどまらず,言語的慣用の変化に即し,選択的に(パーニニの1/3だけあつかう),批判的に師主の規則を吟味,解明し,補足的に規則を改善し,まれにはこれの誤りを指摘している。…

【サンスクリット】より

…しかしその間に,典型的な屈折語として複雑な格変化と動詞の曲用をもつこの言語も,その組織にいろいろな変化を経験した。我々はその全貌を,前5~前4世紀のインド北西部の人,パーニニのまとめた文法によって知ることができる。この文法の組織は西欧の文法とはまったく異なり,スートラとよばれる簡潔なスタイルで書かれ,特殊な専門用語を縦横に駆使した,8章の4000近い規則から成るものである。…

【文法学派】より

…ベーダ聖典研究としての語源学の先駆者としては前500年ころにヤースカが現れて《ニルクタ》を著した。現存する最古の文法学書は前5~前4世紀に活躍したパーニニの《アシュターディヤーイー》(別名《パーニニ・スートラ》)である。この書はきわめて巧妙かつ簡潔に文法の規則を構成したもので,現代の言語学者チョムスキーが生成文法を創案するにあたって有力なヒントをえたといわれる。…

※「パーニニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パーニニの関連キーワードパタンジャリヘブライ文字ヤバナギリシャ語スンガリグベーダインドアーリアン摩訶陀文法学派リグ・ベーダ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone