コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセジュ文庫 クセジュぶんこ

大辞林 第三版の解説

クセジュぶんこ【クセジュ文庫】

〔標題はモンテーニュの言葉「我何をか知る」による〕
フランスの文庫本。1941年に第一冊を刊行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

クセジュ文庫【クセジュぶんこ】

1941年第1巻を発行して以来今日に及んでいるフランスの文庫本。〈Collection Que sais-je?〉といい,プレス・ユニベルシテール・ド・フランス発行。
→関連項目ペーパーバック

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クセジュ文庫
くせじゅぶんこ
Collection Que Sais-Je ?

フランスの代表的なペーパーバックの叢書(そうしょ)。文庫という名称だが、その判型は新書判である。「クセジュ」とは、フランス語で「私は何を知っているか?(何も知らないではないか)」と自分に問いかけることを意味する。ルネサンスの思想家モンテーニュが「知識のための武器」として座右の銘にしたことで有名である。その刊行方針は、モンテーニュの思想と百科全書の精神に基づき、古典的教養から最先端のテーマまで現代人に必要なテーマを幅広く提供するところにある。ビシー政府下の1941年、『生物学の歩み』を第一冊として、プレス・ユニベルシテール・ド・フランス社から発刊された。2010年までに約4000点刊行されている。売れ行き上位は、『英国史』『実存主義』『マルクス主義』である。2011年(平成23)時点で、日本(白水社版)を含め40か国で翻訳出版されている。1951年(昭和26)に刊行された日本語版は、ヨーロッパの新しい文化や知識を紹介する新機軸のシリーズであった。2011年、その刊行点数は950点以上である。なお、原シリーズは例外なく画一的に128ページにまとめられている。[川井良介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クセジュ文庫の関連キーワードリオタール(Jean寺村 五一北欧文学クセジュ寺村五一バロア新書判

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クセジュ文庫の関連情報