コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻直四郎 ツジナオシロウ

4件 の用語解説(辻直四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つじ‐なおしろう〔‐なほシラウ〕【辻直四郎】

[1899~1979サンスクリット学者。東京の生まれ。旧姓、福島。古代インド文献の考証・翻訳など、日本におけるサンスクリット研究に貢献した。著「ブラーフマナとシュラウタ‐スートラとの関係」「ヴェーダ学論集」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻直四郎 つじ-なおしろう

1899-1979 大正-昭和時代の言語学者。
明治32年11月18日生まれ。サンスクリット語とその文学をまなび,大正13年ドイツ,イギリスに留学してベーダ学を研究。昭和17年東京帝大教授となり,のち慶大教授,東洋文庫長などをつとめた。28年学士院会員。53年文化功労者。昭和54年9月24日死去。79歳。東京出身。東京帝大卒。旧姓は福島。著作に「サンスクリット文学史」「サンスクリット文法」「ヴェーダ学論集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つじなおしろう【辻直四郎】

1899‐1979(明治32‐昭和54)
インド学者。東京生れ。1923年東京大学文学部言語学科を卒業。東京大学教授,東洋文庫理事長などを歴任した。ベーダ学,とくに祭式とその釈義に関する文献を中心に研究を重ね,《ブラーフマナとシュラウタ・スートラとの関係》(1952)など多くの論文を著し,その成果は《ベーダ学論集》(1977)に収められている。また古典サンスクリット文学にも親しみ,《サンスクリット文学史》(1973),《サンスクリット文法》(1974)の好著を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

辻直四郎の関連キーワード赤い鳥リジェンダー緯度変化松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記SF映画日雇労働者童謡誌おてんとさん

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone