コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルノード Théophraste Renaudot

世界大百科事典 第2版の解説

ルノード【Théophraste Renaudot】

1586‐1653
フランス最初の新聞《ガゼットGazette》の創刊者。ルーダンに生まれる。1605年,古い歴史と自由な空気を誇るモンペリエ大学医学部卒業後,故郷で外科を開業。失脚中のリシュリューの知遇を得,その政界復帰(1624年にルイ13世の宰相となる)とともにルノードもパリに移住した。王や宰相を後ろだてに,かねて関心のあった貧民救済やさまざまな事業に手をつけた。なかでも後世への影響が最大だったのが,31年5月30日の週刊紙《ガゼット》の創刊である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルノード
るのーど
Thophraste Renaudot
(1586―1653)

フランスの新聞人、医師。モンペリエ大学で医学を学んだのちヨーロッパ各地を旅行、故郷のルーダンで開業、のちに宰相となる同郷のリシュリューを知った。1612年パリに出て国王付きの医師に任ぜられ、ついで貧民救済の役を担当し、質屋を開いたり、今日の職業紹介所にあたる事業を創設したりしたが、1631年5月週刊紙『ガゼット』を創刊した。国王の命によってこれ以前に発行されていた新聞は禁止されたので、その死後に至るまで『ガゼット』は市場を独占した。パリ大学医学部との争いで開業医の権利を奪われたが、『ガゼット』発行の権利だけはその子孫に受け継がれた。フランスの二大文学賞の一つルノード賞は彼の名にちなんで設けられたもので、1926年から授賞されている。[伊藤慎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のルノードの言及

【ガゼット・ド・フランス】より

…1631年5月30日に,T.ルノードがルイ13世治下の宰相リシュリューを後ろだてにして創刊した新聞。当初は単に《ガゼット》と呼ばれ,1762年から《ガゼット・ド・フランス》と改称した。…

【広告】より

…また近年は,広告代理店のことを単に広告会社ということも多くなっている。【久保村 隆祐】【松宮 三郎】(2)広告代理業の歴史 広告代理業の起源は,1612年フランスの新聞発行業者であるT.ルノードがパリで創業した〈金の雄鶏社El Gallo de Oro〉といわれる。イギリスでは,1812年ロンドンに創立されたレーネル・アンド・サン社Reynel and Son,アメリカでは41年にボルネー・B.パーマーVolney B.Palmerがフィラデルフィアで創業したのが嚆矢とされる。…

※「ルノード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルノードの関連キーワード伊奈忠治喜多流伊丹康勝喜多長能喜多七大夫喜多流喜多七太夫喜多七太夫後陽成天皇近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルノードの関連情報