コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルー アンドレーアス・ザロメ Lou Andreas Salomé

20世紀西洋人名事典の解説

ルー アンドレーアス・ザロメ
Lou Andreas Salomé


1861 - 1937
ドイツの作家。
ペテルブルグ生まれ。
別名ザロメ。
大学で宗教学、神学、哲学を勉強し、女性・宗教問題の著述に専念し、「ニーチェ」(1894年)、「エロティーク」(1910年)などを発表する。ニーチェ、リルケフロイトとの交遊で知られ、東洋学者と形だけの結婚をする。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ルー アンドレーアス・ザロメの関連キーワード2月12日

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android