ルー アンドレーアス・ザロメ(英語表記)Lou Andreas Salomé

20世紀西洋人名事典の解説

ルー アンドレーアス・ザロメ
Lou Andreas Salomé


1861 - 1937
ドイツの作家。
ペテルブルグ生まれ。
別名ザロメ。
大学で宗教学、神学、哲学を勉強し、女性・宗教問題の著述に専念し、「ニーチェ」(1894年)、「エロティーク」(1910年)などを発表する。ニーチェ、リルケフロイトとの交遊で知られ、東洋学者と形だけの結婚をする。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android