コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルー(廬)山 ルーさんLu shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルー(廬)山
ルーさん
Lu shan

中国南東部,チヤンシー (江西) 省北部,ポーヤン (鄱陽) 湖の北西岸にある山。シヤンルー (香炉) ,リエンホワ (蓮花) などの山峰が並ぶ。最高峰はハンヤン (漢陽) 峰で,標高 1426m。周囲は断崖絶壁で,岩洞と滝が多い。晋代に慧遠が入山して浄土教の聖地となり,多数の寺院が建てられ,文人墨客の訪れが絶えなかった。民国時代には避暑地となり,外国人や国民党高官の別荘が並んだ。人民共和国成立後,荒廃した遺跡の修復,道路の整備が行われ,療養所,休養所,ホテル,プール,映画館,図書館などが建設され,労働人民の保養・遊覧地となる。 1970年代には歴史博物館も建設された。省の直轄行政区域となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルー(廬)山の関連キーワードチウチヤン(九江)特別市ルー(廬)山国立公園

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android