コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーシ Rus’

世界大百科事典 第2版の解説

ルーシ【Rus’】

ロシアの古名。この名称が明らかスウェーデン人を指して初めて文献の上に表現されるのはフランスの《ベルタン年代記》の839年の項である。のちに意味が転じ,〈ロシア〉の古名とされた。しかしそれが人種的・民族的な概念としての部族の名称なのか,それとも部族連合体=同盟を呼んだのか,または一定の地域を指す地理的用語か,は意見が分かれる。この言葉が何に由来し,とくに北方のスカンジナビアノルマン人に関係するか,南方に起源するか(スラブ説,ハザール説,ゴート説)は,古代ロシア国家の起源問題とも関連して長い間,論議されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルーシの言及

【ロシア】より

…旧ロシア帝国もソ連もきわめて多くの民族から成り立っているという点で共通しているが,一貫して最も中心的な立場にあるのがロシア人である。
[名称の由来]
 ロシアという言葉が文献に表れるのは15世紀末,それが国家の名称として公式に用いられるのは18世紀初めからであって,それ以前はルーシRus’という古形が使われた。今でもロシア人を意味するロシア語〈ルースキーrusskii〉はルーシの形容詞形である。…

【黒海】より

…6~7世紀にはアバール,ブルガール,ハザルなどのトルコ系諸民族,スラブ系アント人などが南下して北岸地方を支配。9~12世紀にはドニエプル川を下って来たルーシが交易権を掌握,海も〈ルーシの海〉と呼ばれたが,その勢力はモンゴル人の征服によって失われた。1202年の第4回十字軍以降イタリア商人の進出が顕著となり,ジェノバは61年ビザンティン皇帝ミハイル・パレオロゴスより交易独占権を獲得,沿岸に商館網を整備,北方と東方の物産をコンスタンティノープル経由でヨーロッパにもたらした。…

【バイキング】より

… また,スウェーデン人はノブゴロドおよびキエフにおける政治権力の形成にかかわった。キエフの《過ぎし年月の物語》は,ロシアの古名ルーシそのものが北欧の一種族の名称からきたと述べ,スウェーデン人の征服によってキエフ・ルーシ(キエフ・ロシア)権力が成立したという。彼らが少なくとも雇い兵的軍事力として初期ロシア政治史に関与したことは確実である。…

【ロシア】より

…旧ロシア帝国もソ連もきわめて多くの民族から成り立っているという点で共通しているが,一貫して最も中心的な立場にあるのがロシア人である。
[名称の由来]
 ロシアという言葉が文献に表れるのは15世紀末,それが国家の名称として公式に用いられるのは18世紀初めからであって,それ以前はルーシRus’という古形が使われた。今でもロシア人を意味するロシア語〈ルースキーrusskii〉はルーシの形容詞形である。…

※「ルーシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーシの関連情報