コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーツ文学 ルーツぶんがく

百科事典マイペディアの解説

ルーツ文学【ルーツぶんがく】

中国で1985年に紅衛兵世代の青年作家たちが一斉に唱え始めた〈ルーツ探求の文学〉のこと。ルーツ文学派の作家の多くは10代から20代の青春期文化大革命のさなかで送り,数年間の下放放浪の体験を持ち,農村を舞台に土着習俗や伝説を取り込んだ作品を書き始めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ルーツ文学の関連キーワード莫言鄭義

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android