コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・シャプリエ法 ルシャプリエほう

世界大百科事典 第2版の解説

ルシャプリエほう【ル・シャプリエ法】

フランス革命の中で定められた団結禁止法(1791年6月)。正式名は〈同一の身分および職業の労働者および職人の集合に関するデクレ(法令)〉。提案者ル・シャプリエIssac‐René‐Guy Le Chapelier(1754‐94)の名を付してル・シャプリエ法と呼ばれる。同業組合(ギルド)廃止の延長線上で生まれた。革命前,チュルゴ勅令(1776)が重農主義の〈自由放任論(レッセ・フェール)〉を土台とした〈労働の自由〉の観念を根拠として,産業発展の桎梏(しつこく)となっていた同業組合を廃止した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ル・シャプリエ法の関連キーワードフランス革命史(年表)レッセ・フェールル・シャプリエフランス革命宣誓ギルド国民議会

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android