レア セドゥ(英語表記)Léa Seydoux

現代外国人名録2016「レア セドゥ」の解説

レア セドゥ
Léa Seydoux

職業・肩書
女優

国籍
フランス

生年月日
1985年7月1日

出生地
パリ

経歴
祖父はフランスの大手映画会社の会長で、大おじのニコラ・セドゥも同じく大手映画会社ゴーモンの会長。高校卒業後すぐに芝居の勉強を始める。2006年コメディ「Mes copines」で映画デビュー。続くクリストフ・オノレ監督の「美しいひと」(2008年)でショパール・トロフィー賞新人賞を受賞し、セザール賞有望若手女優賞にノミネートされる。クエンティン・タランティーノ監督「イングロリアス・バスターズ」(2009年)への出演をきっかけに国際的にも活躍。リドリー・スコット監督の「ロビン・フッド」(2010年)ではジョン王の愛人となったフランス王のを演じた。トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」(2011年)ではプロの暗殺者を演じ、その名を広く知られる。2014年実写版「美女と野獣」に主演。他の出演作に、「最後の愛人」(2007年)、「戦争について」(2008年)、「ルルドの泉で」(2009年)、「幻の薔薇」(2009年)、「ミステリーズ 運命のリスボン」(2010年)、「美しき」(2010年)、「アデル、ブルーは熱い色」「グランド・ブダペスト・ホテル」(2013年)、ウディ・アレン監督の「ミッドナイト・イン・パリ」(2011年)、「マリー・アントワネットに別れをつげて」(2012年)など。プラダの香水のCMにも出演するなどモデルとしても活躍。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android