レイモン3世(読み)レイモンさんせい(英語表記)Raymond III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「レイモン3世」の解説

レイモン3世
レイモンさんせい
Raymond III

[生]1140頃
[]1187.7. レバノントリポリ
フランクの騎士十字軍国家トリポリ伯領の統治者 (在位 1152~87) 。 1152年暗殺された父レイモン2世の跡を継いでトリポリ伯となり,74年幼少のボードアン4世がエルサレム王位につくと,そのいとこの子の資格で摂政となった。王の成人後一時追放されたが,増大するイスラム軍脅威の前で,再び,83年即位した幼君ボードアン5世の摂政となった。 86年ボードアン5世が死ぬとその母シビルと夫ギイが,取決めに反して王位を簒奪したのでレイモンは妻の要塞のあるガリラヤに退いた。 87年戦傷を負い,トリポリに引退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android