レオーネ カエターニ(英語表記)Leone Caetani

20世紀西洋人名事典の解説

レオーネ カエターニ
Leone Caetani


1869 - 1935
イタリアのイスラム学者。
名門貴族出身。独学でセム学、イスラム学を修める。19世紀末アラブ諸国を踏査し、ムハンマド正統カリフ時代に関する古典的研究所である「イスラム年代記」10巻を出す。この中で、セム族の故地アラビア半島で、その民族移動の最後にして最大の物がアラブの大征服であると唱える。ムッソリーニの一党と政見を異にし、個人的問題で研究生活をやめる。1952年、カナダに渡りバンクーバーで没する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android