コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム学 イスラムがく

1件 の用語解説(イスラム学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イスラムがく【イスラム学】

第2次ウィーン包囲(1683)を最後に,オスマン帝国ヨーロッパにとって東方の脅威ではなくなった。18世紀のヨーロッパ,とくにイギリスフランスでは,トルコ人イスラム教徒に対する恐怖心や敵意は影をひそめ,代わって,異国情緒ロマン主義(オリエンタリズム)が支配的となった。パリやロンドンの目抜通りのコーヒー店,キオスクをしつらえた東洋風庭園,A.ガランの《千夜一夜物語》(1704‐17),モンテスキューの《ペルシア人への手紙》(1722),ボルテール《マホメット》(1741)などが18世紀ヨーロッパのオリエンタリズムを代表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イスラム学の関連キーワード算額伊藤梅宇ウォルトンフェリペ虚栗八百屋お七世継曽我義経堂おさん・茂兵衛其角

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスラム学の関連情報