コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族移動 みんぞくいどう

世界大百科事典 第2版の解説

みんぞくいどう【民族移動】

民族の一部あるいは全体がそれまでの居住地から他の居住地へ永続的に移動する現象をさす。散発的・一時的な移動で,新しい故郷の建設を意味しない単なる旅行とも,寄食放浪の生活とも,またふつう一定領域内を採集狩猟のために移動していく行動や,家畜群を放牧する活動とも異なった人間の移動の一形式である。民族移動としては,4~6世紀のゲルマン諸族の大移動が有名であるが,民族移動と呼ぶべき現象は,先史時代から現代に至るまで,繰り返し行われてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

民族移動
みんぞくいどう

民族大移動」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民族移動
みんぞくいどう

ある民族が、従来の居住地を離れ、別の地域に移住すること。それは、個別的、散発的なものではなく、一時的でない。また、牧畜民などにみられる領域内の定期的移動も含まれない。歴史上、民族移動のもっとも有名な例は、4世紀末から6世紀初頭にかけてのゲルマン諸集団の「民族大移動」がある。それは、フンの西進に触発されたものであるように、しばしば、一民族の移動は他民族の移動を引き起こすことがある。
 中国の漢民族の華南への移住は、北方の遊牧民の政治的、軍事的圧迫が大きな要因であり、他方、漢民族の圧力は、華南のタイ系諸族などの南下の一因となっている。こうした場合、一つの歴史的事件が移動の契機となるが、実際には、その前後に数多くの小規模な移住の積み重ねられていることが多い。タイ系諸族の東南アジアへの進出はその一例であり、河谷平野沿いに水稲耕作の技術をもってしだいに南下していったと思われる。その原因としては、よりよい耕作適地を求めることや、母村の人口圧、紛争、また近隣諸集団との関係などさまざまあげられる。民族移動は一般に強制的と自発的に分けて考えられるが、実際には両方の要因の複雑に関係することがみられる。強制的移動の典型的な例は、戦争や征服の結果、移住させられるもので、アメリカ大陸への黒人の奴隷としての移動、先住民政策によるアメリカ・インディアンの強制的移住などもその例である。16世紀に南アメリカで起こったトゥピ諸族の移動は、理想郷を求めるという宗教的動機に基づいている。それは、ある意味で自発的であるが、同時にポルトガル人の進出を背景としている。
 民族移動は、こうした社会的、歴史的要因ばかりでなく、自然環境も大いに関係する。それは、移動への契機になるとともに、移動を可能にさせる条件でもある。紀元前四千年紀ころから進んだサハラ北方の乾燥化は、かつてこの地方に住んでいた人々を南へと押しやった。一方、氷河期による海面下降の結果、およそ3万年以上前に、ベーリング海峡にできた陸橋を越えて移住が行われた。オーストラリア大陸への移動の年代については明らかでない点があるが、やはり陸地の拡大という条件は無視できない。しかし、その後、太平洋の島々に移住していったポリネシアの人々などは、アウトリガー付きカヌーによる航海技術が大きな要因となっている。彼らは、前4000年ころを始まりとして東南アジアから移動し、紀元後数世紀に東端の島に達したものとされる。彼らの拡大は、航海技術とともに、根栽農耕や家畜飼育をこの地域にもたらした。このように、ある文化要素が民族移動の契機になるとともに、それによって文化の諸要素が担い手とともに移動させられる。しかし、民族移動の結果、特定の文化要素の失われることもみられる。ポリネシアの人々は、移動の初期において土器をもっていたが、島嶼(とうしょ)環境や代用品となるココヤシの殻のため、土器を喪失していった。[田村克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の民族移動の言及

【舟∥船】より

…その影響はとくに,1~2世紀ころ東南アジア各地に成立したいくつかの国家における思想,制度,農業技術,土木技術などにきわめて強くあらわれている。
[民族移動と船]
 太平洋の島々への民族移動もまた,船と航海術の発達と深くかかわっている。なかでも前3000年~前2500年ころに始まったアウストロネシア語系の人々の移動は重要である。…

※「民族移動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

民族移動の関連キーワードイェンセン(Johannes Vilhelm Jensen)フリッツ グレープナーオーストロネシア系諸族レオーネ カエターニハイネ=ゲルデルンヒルデブラントの歌フランシュ・コンテB. アンカーマンヨーゼフ ポンテンアラン ロマクストランシルバニアバントゥー系諸族セネガル[川]メクレンブルクインドネシア史北方ゲルマン人ポンメルン公国フランク民族ハンガリー語タウングー朝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民族移動の関連情報