バンクーバー(英語表記)Vancouver, George

  • Vancouver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1757.6.22. ノーフォークキングズリン
[没]1798.5.10. サリー,リッチモンド
イギリスの航海者。 13歳で海軍に入り,J.クックの2回目 (1772~75) ,3回目 (76~79) の航海に参加。 1791年北アメリカ北西海岸の探検隊の隊長に任命され,喜望峰経由で出発。北緯 52°18′まで北上し,バンクーバー島の地域を詳細に調査。 93年にも北緯 56°44′まで探検。 94年サンフランシスコの北海岸を調査したのち,ホーン岬,セントヘレナ経由で帰国についた。バンクーバー島およびバンクーバー市はの名にちなんで命名したもの。著書"A voyage of Discovery to the North Pacific Ocean" (3巻,98) 。
アメリカ合衆国北西部,ワシントン州市。コロンビア川右岸にあり,大型汽船の遡航終点にあたる。 1824年ハドソン湾会社の太平洋岸における拠点として建設された。農業,製材業,軽工業を中心に発展。は 48年アメリカ合衆国の軍用保留地となる。アルミニウム化学薬品などの製造が行われ,ビール醸造,缶詰工業なども盛んである。近郊では園芸酪農も行われる。現在,古い防御柵跡はフォートバンクーバー国立記念碑となり,グラントハウス博物館,クラークカレッジや聴覚・視覚障害児のための州立学校がある。人口 16万1791(2010)。
カナダ,ブリティシュコロンビア州南西部の都市。カナダ第3の都市で,太平洋岸地域の政治,経済,教育の中心地。アメリカ合衆国 (ワシントン州) との国境近く,フレーザー川河口のデルタ上に位置する。気候は1月の平均気温3℃,7月の平均気温 18℃。年降水量は約 1500mm。 1792年イギリスの航海者 G.バンクーバーにちなみ命名された。 1870年代まで製材業の立地する集落であったが,80年代になってカナダ最初の大陸横断鉄道カナディアンパシフィック鉄道の建設が機縁となって発展。 86年市制,1919年パナマ運河開通で,プレーリー穀物木材の合衆国東海岸やヨーロッパへの輸出港としての地位を確立。製材,製紙業のほか,食品加工,造船,金属加工,印刷業などが盛ん。北バンクーバーとは壮麗なライオンズゲートで結ばれている。ブリティシュコロンビア大学,サイモンフレーザー大学がある。市の中心に近いスタンレー公園の大部分が保護された自然林でおおわれている。カナダ各地とアメリカ合衆国へいたる4本の幹線鉄道の起点であり,国際空港もある。人口 60万3502(2011)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

英国の航海者,探検家。クックの案内者として1772年―1775年および1776年―1780年に航海。のち太平洋を航海して米国に至り,1792年―1794年北アメリカの太平洋岸を探検測量した。バンクーバー島は彼の名にちなむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カナダ,ブリティッシュ・コロンビア州の最大都市。人口47万1844(1991),大都市圏人口167万7539(1992,カナダ第3位)。アメリカ国境から北方40kmに位置するカナダ太平洋岸の最大都市。林立する近代的な高層ビル群の背後に,海岸山脈の山並みが間近にそびえる雄大な景観美を誇り,カナダの太平洋側の玄関口といわれる港湾都市である。周辺には,洪積世大陸氷河で削られたフィヨルドなどの氷河地形が展開し,ジョージア水道をへだててバンクーバー島に面する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Vancouver) カナダの太平洋岸最大の港湾都市。天然の良港で不凍港。一八八〇年アメリカ大陸を横断するカナダ太平洋鉄道の終点となり急速に発展した。製材・造船・化学・食品などの工業が盛ん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンクーバーの関連情報