コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レガート 〈イタリア〉legato

デジタル大辞泉の解説

レガート(〈イタリア〉legato)

音と音との間に切れ目を感じさせないように、なめらかに演奏すること。⇔スタッカート。→スラー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レガート

音楽用語。音符を結んで〈なめらかに〉の意。スラーによる表記に同じ。スタッカートの対。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

レガート【legato】

〘音〙 音と音の間に切れを感じさせず、滑らかに続けて演奏する方法。 ↔ スタッカート

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レガート
れがーと
legatoイタリア語

西洋音楽で用いる演奏記号の一種。音符と音符の間に切れ目を入れることなく、滑らかに演奏するよう指示する。語源は「結ぶ」を意味するイタリア語レガーレlegareにある。曲の冒頭に提示するほか、滑らかに奏したい一連の音符の上または下に弧線(スラー)をつけて表示する。レガートに対して、音符と音符の間に切れ目を入れて奏するよう指示する演奏記号には、鋭いほうから順にスタッカートstaccato、ポルタートportato、ノン・レガートnon legato(レッジエーロleggieroともいう)などがある。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレガートの言及

【バイオリン】より

…弦に適切な振動を与えて美しい音色を得るためには,弓に腕の自然な重みだけをかけ,また弓が常に弦に対して直角に動くことが必要である。弓奏の技術は,弓を弦に常に密着させるレガート奏法から,各音の間で弓を一瞬止めるスタッカート,弓の弾力性を利用して弓を跳躍させるスピッカートやフライイング・スタッカートなどにいたるまで,多様な方法を含んでいる。また,バイオリンは基本的には旋律楽器であるが,2弦から4弦までを同時に奏する(4弦の場合2弦ずつに分ける)重音奏法もしばしば行われる。…

【ボーイング】より

…ボーイングには弓の使用部分と使い方によってさまざまな種類があるが,基本的には弓先から始まる運動である上げ弓up bow(Vの印)と,手元から始まる運動である下げ弓down bow(の印)とに大別される。レガートは一弓できわめて滑らかに奏し,音と音とを短く切るスタッカート奏法では手首から先を使い各音の間で弓を止める。さらに,弓を大きく使い各音をはっきり分離させるデタッシュ,弓先で固くスタッカートを行うマルトレ,弓の重心点で弾力性を利用して弓を跳躍させるスピッカートなどがある。…

※「レガート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レガートの関連キーワードヒルツ:オープの物語/piano soloバンドネオン [bandoneon]アーティキュレーションスラー[slur]ベル・カントオスピタレト12月27日ゴンチャロフレガート貫入パガニーニバイオリンバルセロナピアノ奏法ド・バロアカルーソー寝台車唱法発声

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レガートの関連情報