コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レキ岩(礫岩) れきがんconglomerate

翻訳|conglomerate

1件 の用語解説(レキ岩(礫岩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

れきがん【レキ岩(礫岩) conglomerate】

直径2mm以上の砕屑物質をレキ(礫)といい,レキが基質によって膠結(こうけつ)されたものがレキ岩である。レキ岩は堆積岩の一種である。基質には砂,泥,石灰質物質やケイ質物質がある。レキの割合が50%以上を占めるものをレキ岩といい,それ以下の場合にはレキ質と呼ぶが,野外ではレキの割合が数十%以上のものはレキ岩に含めていることが多い。日本にはレキ岩がよく発達していて,ほとんどが砂質基質からなる。レキ種が1種のときは単成(単元)レキ岩,2種以上のときは複成(多元)レキ岩という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

レキ岩(礫岩)の関連キーワードミニアチュア管イソモク凝灰岩凝灰角礫岩パスタ凝灰岩微粉炭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone