コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レキ岩(礫岩) れきがんconglomerate

翻訳|conglomerate

世界大百科事典 第2版の解説

れきがん【レキ岩(礫岩) conglomerate】

直径2mm以上の砕屑物質をレキ(礫)といい,レキが基質によって膠結(こうけつ)されたものがレキ岩である。レキ岩は堆積岩の一種である。基質には砂,泥,石灰質物質やケイ質物質がある。レキの割合が50%以上を占めるものをレキ岩といい,それ以下の場合にはレキ質と呼ぶが,野外ではレキの割合が数十%以上のものはレキ岩に含めていることが多い。日本にはレキ岩がよく発達していて,ほとんどが砂質基質からなる。レキ種が1種のときは単成(単元)レキ岩,2種以上のときは複成(多元)レキ岩という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

レキ岩(礫岩)の関連キーワード土性ミニアチュア管イソモク凝灰岩凝灰角礫岩パスタ皮膚のしくみとはたらき凝灰岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android