コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レグニツァ レグニツァ Legnica

3件 の用語解説(レグニツァの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レグニツァ
レグニツァ
Legnica

ポーランド南西部,ドルノシロンスキェ県の都市。ドイツ語ではリーグニッツ Liegnitzウロツワフ西方約 60km,豊穣なシロンスク (シュレジエン ) 低地のカチャワ川沿岸に位置する。中世には東西ヨーロッパをつなぐ交易路の西の要地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レグニツァ

ポーランド南西部,下シロンスク工業地帯の商工業都市。ドイツ名はリーグニツLiegnitz。鉄道の中心で,農産物の集散地。銅鉱山があり,銅製錬・化学・繊維・食品工業行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レグニツァ【Legnica】

ポーランド南西部,同名県の県都。人口10万7800(1995)。ドイツ名はリーグニッツLiegnitz。オドラ(オーデル)川支流のカチャワ川に臨む。肥沃な農業地域を控え,農産物の集散地であるが,有力な銅鉱山をもち,銅製錬業をはじめ,化学薬品,食品,メリヤス工業が立地する。町は11世紀から存在し,ブロツワフオポーレと並んでシロンスク地方の重要都市であった。鉄道の分岐点で,市内に多くの歴史的建造物が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レグニツァの関連キーワードウッチエルブロンクジェシュフポズナンラドムチェンストホバカトビツェイェレニャ・グーラキエルツェジェローナ・グーラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone