コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レザーノフ Rezanov,Nikolai Petrovich

朝日日本歴史人物事典の解説

レザーノフ

没年:露暦1807.3.1(1807.3.13)
生年:露暦1764.3.28(1764.4.8)
ロシアの政治家。貴族出身の官吏としてエカテリーナ2世に仕えたが,イルクーツクの毛皮商人シェリホフに認められその女婿となる。1799年に設立された露米会社の支配人となり,北太平洋,アラスカにおける毛皮獣の捕獲,販売の独占権を獲得する。アラスカの植民地経営のため,日本との交易が不可欠であると知るや,アレクサンドル1世に願い出て,その遣日使節として文化1(1804)年長崎に来航したが,江戸幕府に拒絶された。その後2人の部下に命じて,日本の北辺を襲撃させ,実力で交易を強要しようとしたが,その結果を知ることなく,首都への帰還途中,クラスノヤルスクで死亡した。

(外川継男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

レザーノフの関連キーワードクルーゼンシュテルンラングスドルフ馬場為八郎羽太正養大槻玄沢遠山景晋青木興勝津太夫没年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android