レザーノフ(読み)Rezanov,Nikolai Petrovich

朝日日本歴史人物事典の解説

レザーノフ

没年:露暦1807.3.1(1807.3.13)
生年:露暦1764.3.28(1764.4.8)
ロシアの政治家。貴族出身の官吏としてエカテリーナ2世に仕えたが,イルクーツクの毛皮商人シェリホフに認められその女婿となる。1799年に設立された露米会社の支配人となり,北太平洋,アラスカにおける毛皮獣の捕獲,販売の独占権を獲得する。アラスカの植民地経営のため,日本との交易が不可欠であると知るや,アレクサンドル1世に願い出て,その遣日使節として文化1(1804)年長崎に来航したが,江戸幕府に拒絶された。その後2人の部下に命じて,日本の北辺を襲撃させ,実力で交易を強要しようとしたが,その結果を知ることなく,首都への帰還途中,クラスノヤルスクで死亡した。

(外川継男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android