レスボス[島](読み)レスボス

百科事典マイペディア「レスボス[島]」の解説

レスボス[島]【レスボス】

エーゲ海東部,トルコ本土から約10kmにあるギリシア領の島。最高点は標高968m。地中海式気候で,オリーブ,ブドウ,タバコ,海綿などを産する。大理石,マグネシアが採掘される。イワシ漁も盛ん。古代イオニア人の植民地で,前7―前6世紀は商業の中心として繁栄。1462年―1912年トルコ領。女性詩人サッフォーの生地で同性愛が盛んであったと伝えられ,レズビアンの語はここから出た。中心都市はミティリニ。2154km2。10万9118人(2001)。
→関連項目アルカイオスロンゴス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「レスボス[島]」の解説

レスボス[島]【Lésvos】

エーゲ海東部にあるギリシア領の島。面積1630km2。人口約10万。クレタ島エウボイア島に次いでギリシアで3番目に大きな島である。一般にはその島名は主邑の名をとってミティリーニMitilíniと呼ばれている。火山帯上にあり,温泉が多数湧く。オリーブ栽培が主で,古代にはブドウ酒も有名であった。青銅器時代初期から人口の定住をみるが,前10世紀ごろアイオリス方言のギリシア人が入植し,東部にミュティレネMytilēnē(現,ミティリーニ),北西部にメテュムナMēthymna(現,ミティムナMíthimna)の2都市の成立をみた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレスボス[島]の言及

【オルフェウス】より

…しかし地上にあと一歩というところで後ろの妻をふり返ったため,永久に彼女を失った。その後,彼は悲しみのあまり他のトラキア女を顧みなかったので,これを恨んだ女たちに八つ裂きにされ,ヘブロス川に投じられたが,その首は抒情詩で名高いレスボス島に流れつき,彼の死を悼む島民によって葬られた。また竪琴は夜空の星になったという。…

※「レスボス[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android