コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レタッチ レタッチ

6件 の用語解説(レタッチの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レタッチ

画像の色の補正や汚れの除去、合成といった画像の修整や加工作業のこと。印刷写真業界ではフォトレタッチと呼ばれた。フォトレタッチソフトの代表的なものにアドビ システムズ社のPhotoshopがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

レタッチ

パソコンで画像を加工・修整することです。画像の回転や色の補正、文字の書き込みなどがあります。
⇨ペイントソフト

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レタッチ(retouch)

リタッチ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

レタッチ【retouch】

写真やデジタル画像などに手を加えたり、修整したりすること。◇「リタッチ」「フォトレタッチ」などともいう。レタッチのためのアプリケーションソフトを「フォトレタッチソフト」という。⇒フォトレタッチソフト

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

レタッチ【retouch】

( 名 ) スル
絵画・彫刻・写真・写真製版などの修正や加筆。修整。リタッチ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レタッチ
れたっち
retouch

撮影した写真などの画像データを目的にあわせて加工したり、修正したりする作業。retouchとは英語で加筆、修正をさす。画像データはコンピュータ上のアプリケーションで読み込み、作業を行う。フォトレタッチや写真編集とよぶこともある。以前は、印画紙に現像した後の写真の物理的な加工・修正作業をさしていたが、画像データの加工が一般的になってからは、もっぱらパソコンによるデータ加工をさす用語になった。レタッチに使用されるアプリケーションにはさまざまなものがあるが、プロ用としてはアドビシステムズの「Adobe Photoshop(フォトショップ)」が事実上の業界標準となっており、さまざまなプラグイン(外部プログラムによるアプリケーションの拡張機能)を使用することで、加工していることを感じさせないようなスムーズな編集を行うことができる。そのため、商業媒体に掲載される写真の多くにレタッチが施され、一般化している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レタッチの関連情報