修整(読み)シュウセイ

  • しゅうせい シウ‥
  • しゅうせい〔シウ〕
  • しゅせい

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
よくない点や出来の悪いところを整え直すこと。
写真で、原板・印画の傷を消したり、画像に手を加えたりすること。レタッチ。「見合い用の写真を修整する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① よくない点や、乱れている点をととのえなおすこと。しゅせい。
※輿地誌略(1826)一「旧土俗は甚鄙野頑強にして、修整ならずして、学芸に進むの意なかりしを」 〔後漢書‐張湛伝〕
② 写真の技法の一つ。原版の傷を消したり、画像を修飾したりする目的で、原版や印画に手を加えること。リタッチ。リタッチング。
※苦笑風呂(1948)〈古川緑波〉映画それからそれ「而もそいつが動くんだから、普通の写真と違って、修整がしてない」
〘名〙 (「しゅ」は「修」の呉音) =しゅうせい(修整)
※太平記(14C後)二四「扶翼朝家、修(シュセイ)政道之例」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android