コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レビヤヒヘド諸島 レビヤヒヘドしょとうArchipiélago de Revillagigedo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レビヤヒヘド諸島
レビヤヒヘドしょとう
Archipiélago de Revillagigedo

メキシコ中部西岸沖,太平洋上にある島嶼群。コリマ州に属し,同州沿岸の主要港マンサニヨから約 700km西,またバハカリフォルニア半島先端から約 500km南南西に位置するソコロ島を中心に,広範囲にわたって散在する火山島,岩礁からなる。総面積約 830km2。ソコロ島のほかおもな島は,その北約 64kmのサンベネディクト島,西約 100kmのロカパルティーダ島,同じく西約 400kmのクラリオン島。硫黄,グアノ(海鳥糞堆積),魚類などの天然資源がある。最大の島ソコロ島は面積 132km2,最高点は 1130mで,長く無人島であったが,1957年に開拓基地が建設され,果樹や木材用の樹種が植林された。このとき島には約 8000頭のヒツジがいたが,これは 1800年代中頃に短期間この島に入植したオーストラリア人が残したヒツジが繁殖したものと考えられる。2016年,主要 4島と周辺海域が世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レビヤヒヘド諸島の関連キーワードヒツジ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android