コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レブンワース Leavenworth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レブンワース
Leavenworth

アメリカ合衆国,カンザス州北東部,ミズーリ川に沿う都市。 1827年にサンタフェ街道の旅人を保護する目的で設立された。その後西部開拓の補給基地として重要な町であった。現在は各種農産物の集散地をなす。製材,食品加工,金属などの工業も盛んである。連邦刑務所がある。人口3万 8495 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レブンワース(Leavenworth)

米国ワシントン州中部の町。1960年代、町の復興対策としてドイツのバイエルン地方を模した街並みが造られた。カスケード山脈を一周する観光向けドライブルート、カスケードループの沿道にあり、同州有数の観光地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

レブンワースの関連キーワードヴォーリズ ウィリアム・メレルアメリカ合衆国スカラピーノカスケード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android