コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプケ レプケ Röpke, Wilhelm

2件 の用語解説(レプケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レプケ
レプケ
Röpke, Wilhelm

[生]1899.10.10. シュワルムシュテット
[没]1966.2.12. ジュネーブ
ドイツの経済学者。イェナグラーツマールブルクの各大学で教授をつとめたが,ナチスに反対して国外に亡命,1933年イスタンブール大学教授,37年ジュネーブ大学教授となる。 50年西ドイツ政府顧問となり,W.オイケンらとともに経済再建の思想上,政策立案上の指導者の一人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レプケ
れぷけ
Wilhelm Rpke
(1899―1966)

ドイツの経済学者、社会学者。マールブルク、グラーツ、イエナの各大学の教授を歴任し、1933年ナチスに反対して亡命、その後はイスタンブール大学教授、ジュネーブの国際問題大学院の教授などを務めた。オーストリア学派の流れをくみ、L・E・ミーゼス、F・A・ハイエクと並んで、ヨーロッパ大陸における新自由主義の指導的な学者であった。現代ヨーロッパ社会の危機から脱するために、集団主義に反対するとともに、歴史的な資本主義にも批判的であり、それらにかわるものとして、経済ヒューマニズムに基礎を置く第三の道を提唱し、秩序自由主義を志向して、戦後旧西ドイツの経済政策にも大きな影響を与え、W・オイケンとともに旧西ドイツ経済の再建に指導的な役割を果たした。おもな著書には『経済恐慌景気変動Krise und Konjunktur(1932)や『ヒューマニズムの経済学』Civitas Humana : Grundfragen der Gesellschafts-und Wirtschaftsreform(1944)などがある。[志田 明]
『有井治訳『経済恐慌と景気変動』(1944・実業之日本社) ▽喜多村浩訳『ヒューマニズムの経済学』上下(1952、1954・勁草書房) ▽ウィルヘルム・レプケ著、西村光夫訳『自由社会の経済学』(1974/新装版・1982・日本経済評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レプケの関連キーワードシュワルツシルト半径シュワン鞘シュワゲリナシュワーベ周期シュワシュワオレンジシュワシュワグレープシュワシュワサイダーシュワシュワメロンシュワシュワレモンロシュワールド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone