コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レベッカ

デジタル大辞泉プラスの解説

レベッカ

英国の作家ダフネ・デュ・モーリアミステリー(1938)。原題《Rebecca》。1940年アルフレッド・ヒッチコック監督で映画化。

レベッカ

1940年製作のアメリカ映画。原題《Rebecca》。ダフネ・デュ・モーリアの同名小説の映画化。監督:アルフレッド・ヒッチコック、出演:ローレンス・オリビエ、ジョーン・フォンテーンほか。第13回米国アカデミー賞作品賞、撮影賞(白黒)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵miniの解説

レベッカ

日本のロックバンド。全盛期のメンバーは、NOKKO(ボーカル)、土橋安騎夫(キーボード、リーダー)、小田原豊(ドラム)、高橋教之(ベース)。1984年、当時としては珍しかった1人の女性ボーカルと複数の男性メンバーによるバンドとしてデビュー。翌85年にはドラマの主題歌となった4枚目のシングル「フレンズ」が大ヒットし、当時としては異例のミリオンセラーとなった。その後も多数のシングル・アルバムなどを発売し、人気絶頂の中、91年2月に突然解散。95年と2000年には期間限定で再結成した。15年にも再結成し、上記メンバーにサポートメンバー是永巧一(ギター)を加えて8月12日・13日に横浜アリーナでライブを行う。

(2015-4-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レベッカ
れべっか
Rebecca

イギリスの女流小説家デュ・モーリエの長編小説。1938年刊。孤児のフランス娘カロラインは、妻を亡くした中年の英国紳士で、マンダレーという有名な城の主に見そめられて結婚する。詳しい事情を知らずに夫の館に乗り込んだ善良でうぶな新婦は、先妻レベッカの影がいまだに強く支配しているのを知る。先妻が才色兼備の理想的な社交婦人であったことを聞き、夫がまだ彼女を愛しているのではないかと疑うが、謎(なぞ)が解き明かされるにつれて、心身ともに侵されていたレベッカの意外な正体が暴露され、カロラインはレベッカ・コンプレックスから解放される。ゴシック小説の伝統に心理小説の技法を交えた作者の代表作。1940年、ヒッチコック監督によって映画化され、アカデミー作品賞を受賞している。[安達美代子]
『大久保康雄訳『レベッカ』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レベッカの関連情報