レモン油(読み)れもんゆ(英語表記)lemon oil

日本大百科全書(ニッポニカ)「レモン油」の解説

レモン油
れもんゆ
lemon oil

ミカン科のレモン果皮を圧搾すると収油率0.2~0.3%で得られる精油。レモンは地中海沿岸(とくにシチリア島)、北米カリフォルニア、スペイン、ブラジルなどで栽培されている。精油成分はd‐リモネンシトラールである。近年は皮むきから圧搾、精製まですべて機械化されている。食品香料、香水、香粧品、オーデコロンなどに広く用いられている。

[佐藤菊正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「レモン油」の解説

レモン油
レモンユ
lemon oil

地中海沿岸に産するヘンルーダ科のレモンの新鮮な果皮を圧搾すると得られる.レモンの香りのある鮮黄色の揮発性の芳香油.主成分はd-リモネンで,香成分としてシトラール,その他を4~6% 含む.0.856~0.861.1.471~1.476.清涼飲料エッセンス,せっけんの香料などに用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「レモン油」の解説

レモン‐ゆ【レモン油】

〘名〙 レモンの果皮から冷圧によって得た精油。淡黄色で主に清涼飲料・菓子などのエッセンスに用いる。〔薬品名彙(1873)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「レモン油」の解説

レモン油

 レモンの果皮を圧搾して得る精油.香料として用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のレモン油の言及

【エッセンス】より

…最近は合成品も多く利用されるようになった。代表的な天然エッセンスにはレモンの皮からしぼったレモン油,バニラ豆を破砕してアルコール抽出したバニラ油,バラの花びらを水蒸気蒸留したローズ油などがある。成分としてはエステル類,アルデヒド類,テルペン類などである。…

※「レモン油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android