コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レレウェル Lelewel, Joachim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レレウェル
Lelewel, Joachim

[生]1786.6.22. ワルシャワ
[没]1861.5.29. パリ
ポーランドの歴史家,政治家。「大亡命」時代の知識人。ウィルノ (ビルニュス) 大学卒業後,1815年以降,同大学とワルシャワ大学教授を歴任し,愛国的地下活動にも参画。 29年には代議士に選出され,翌年の十一月蜂起には国民政府の閣僚と愛国協会議長を兼任。蜂起敗北後はパリに亡命してポーランド民主協会やカルボナリ結社の指導にあたりフランスから追放され,ブリュッセルに移った。 37年に亡命ポーランド人の統一組織を設立し,45年以降にはマルクスらとともに活躍。 48年の革命敗北後は第一線から引退し,歴史研究に専念。主著『中世時代の古銭学』 Numismatique du moyen âge (1835) ,『ポーランド,その歴史と事物』 Polska,dzieje i rzeczy jej (54~68) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レレウェルの関連キーワードビルニュスレレベル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android