コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアゾー ロアゾー Loyseau, Charles

2件 の用語解説(ロアゾーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアゾー
ロアゾー
Loyseau, Charles

[生]1564. ノジャンルロトルー
[没]1627.10.27. パリ
フランスの法学者。富農から高級官職保有者に昇進した家系出身。地方の下級役人からデュノアバイイ裁判官を経てパリ高等法院弁護士。地方在住経験から地方慣習法を研究し,『セニュリイ論』 Traité des seigneuries (1608) ,『官職論』 Traité des offices (10) ,『身分論』 Traité des Ordres (10) を著わしたが,それは最初のフランス社会論として高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロアゾー【Charles Loyseau】

1564‐1627
フランスの思想家,法理論家。祖父の代までは農民であったが,父がパリ高等法院付きの弁護士となり,以後代々法曹界で活躍した。ロアゾーもパリで学業を終えたのち,サンス上座裁判所の代官を経て,1600年からはロングビル公夫人の所領であったデュノア伯領の奉行職を永く務め,最後にはパリ高等法院付きの弁護士となっている。なお,息子はパリ租税法院評定官,孫はパリ高等法院評定官を務めた。 ロアゾーは法実務に携わると同時に,理論家として優れた業績を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロアゾーの関連キーワードコリア革ジャンサンルーフジャンダルム純ジャンプジャングパリのジャンジャンゴリトル・ローリーモントルージャズフェスティバル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロアゾーの関連情報