コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアール[川] ロアール

百科事典マイペディアの解説

ロアール[川]【ロアール】

フランス中央部を西流する同国最長の川。全長1020km,流域面積11万5000km2。マシフ・サントラル東部に発し北流,パリ盆地で南西に転じ,ビスケー湾に注ぐ。
→関連項目セーヌ[川]フランス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロアール[川]【Loire】

フランス第1の長流。全長約1012km。マシフ・サントラル(中央山地)から流れ出し,フランス中部を北流してオルレアン付近で西に向きを変え,フランス西部を潤して大西洋に注ぐ。流域面積は11万5000km2で,フランスの面積の約20%に及び,パリ盆地とマシフ・サントラルとの間に一つの独自な地域をつくり出している。平均流量は1050m3/sでライン川中流部に匹敵するが,季節的変化がきわめて大きく,水運には適さない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロアール[川]の関連キーワードマシフ・サントラルシャンボール城館

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android