コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイコ化合物 ロイコかごうぶつ leuco‐compound

2件 の用語解説(ロイコ化合物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロイコかごうぶつ【ロイコ化合物 leuco‐compound】

リューコ化合物ともいう。ロイコ化合物とは,還元体や水素化物をさすが,とくにキノン類について著名である。建染染料硫化建染染料はキノン型(または類する型)をとるが,アルカリ性ハイドロサルファイトNa2S2O4で還元するとアルカリ水溶性の還元体(ロイコ化合物)を作り繊維に染着する。繊維上でロイコ化合物を空気酸化しキノン型とし,安定な染色物とする。ロイコ化合物はキノン型と電子状態が異なるため,これを利用し別の反応(たとえばキリザリンロイコ体のアミノ化)を進めることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイコ化合物
ロイコかごうぶつ

リウコ化合物」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロイコ化合物の関連キーワードアゾ化合物架橋キレート定比化合物不定比化合物キラル化合物脂肪族炭化水素ラセミ化合物オゾニドリューコ化合物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone