コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイコ化合物 ロイコかごうぶつleuco‐compound

世界大百科事典 第2版の解説

ロイコかごうぶつ【ロイコ化合物 leuco‐compound】

リューコ化合物ともいう。ロイコ化合物とは,還元体や水素化物をさすが,とくにキノン類について著名である。建染染料硫化建染染料はキノン型(または類する型)をとるが,アルカリ性でハイドロサルファイトNa2S2O4で還元するとアルカリ水溶性の還元体(ロイコ化合物)を作り繊維に染着する。繊維上でロイコ化合物を空気酸化しキノン型とし,安定な染色物とする。ロイコ化合物はキノン型と電子状態が異なるため,これを利用し別の反応(たとえばキリザリンロイコ体のアミノ化)を進めることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイコ化合物
ロイコかごうぶつ

リウコ化合物」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロイコ化合物の関連キーワードメチレンブルー草木染め

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android