コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケットゾンデ rocketsonde

世界大百科事典 第2版の解説

ロケットゾンデ【rocketsonde】

ロケットによって打ち上げ,落下の途中で高層大気の気象観測を行う一種のラジオゾンデ。通常の気球によるラジオゾンデの平均到達高度は25~30kmであるが,現在日本で用いられているロケットゾンデでは約60kmまでの観測が可能である。日本では1970年夏から気象ロケットMT‐135Pを使用し岩手県三陸町綾里の気象ロケット観測所でほぼ週1回の打上げが行われている。このロケットは,発射後約110秒で最高点(約60km)に達し,ゾンデを放出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロケットゾンデの関連キーワードロケット気象観測

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android