コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケットゾンデ rocketsonde

デジタル大辞泉の解説

ロケットゾンデ(rocketsonde)

ロケットの先端部に取り付けられたラジオゾンデ。上空約60キロメートル以下の中間圏下部、および成層圏全体の観測に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ロケットゾンデ【rocketsonde】

ロケットによって打ち上げ,落下の途中で高層大気の気象観測を行う一種のラジオゾンデ。通常の気球によるラジオゾンデの平均到達高度は25~30kmであるが,現在日本で用いられているロケットゾンデでは約60kmまでの観測が可能である。日本では1970年夏から気象ロケットMT‐135Pを使用し岩手県三陸町綾里の気象ロケット観測所でほぼ週1回の打上げが行われている。このロケットは,発射後約110秒で最高点(約60km)に達し,ゾンデを放出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロケットゾンデの関連キーワードロケット気象観測

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android