コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシア国立交響楽団

2件 の用語解説(ロシア国立交響楽団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ロシア国立交響楽団

ロシアのモスクワを拠点とするオーケストラ。1936年に設立。旧ソ連時代はソビエト国立交響楽団と呼ばれていた。主な指揮者はアレクサンドル・ガウク、ナタン・ラフリン、コンスタンティン・イワノフ、エフゲニー・スヴェトラーノフなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシア国立交響楽団
ろしあこくりつこうきょうがくだん
Русский государственный симфонический оркестр Russkiy Gosudarstvenny Simfonicheskiy Orkestr

ロシアを代表するオーケストラの一つ。ロシア国立管弦楽団ともいう。モスクワ音楽院卒業生を中心に1936年設立。ソ連時代はソビエト国立交響楽団Государственный Симфонический Оркестр Союза ССР/Gosudarstvenny Simfonicheskiy Orkestr Soyuza SSRと称した。アレクサンドル・ガウクAlexander Gauk(1893―1963)とエーリヒ・クライバーの指揮で同年10月最初の演奏会を行い、以後41年までガウク、41~45年はナターン・ラフリンNathan Rakhlin、46~65年はコンスタンティン・イワーノフKonstantin Ivanov(1907― )、以後はエフゲニ・スベトラーノフが常任指揮者と音楽監督を務めた。2000年にスベトラーノフが退任後は、ワシリー・シナイスキーVasiliy Sinaiskyが常任指揮者と音楽監督に就任した。力強い響きとソ連時代の現代音楽の積極的な演奏に特色があり、ショスタコビチの交響曲第8番(1943作曲・初演。以下同じ)、第11番(1957)、第12番(1961)、ピアノ協奏曲第2番(1957)などを初演している。1964年(昭和39)初来日して以来、しばしば日本を訪れている。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロシア国立交響楽団の関連情報