ロシア国立交響楽団

  • Русский государственный симфонический оркестр Russkiy Gosudarstvenny Simfonicheskiy Orkestr
  • ろしあこくりつこうきょうがくだん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシアを代表するオーケストラの一つ。ロシア国立管弦楽団ともいう。モスクワ音楽院の卒業生を中心に1936年設立。ソ連時代はソビエト国立交響楽団Государственный Симфонический Оркестр Союза ССР/Gosudarstvenny Simfonicheskiy Orkestr Soyuza SSRと称した。アレクサンドル・ガウクAlexander Gauk(1893―1963)とエーリヒ・クライバーの指揮で同年10月最初の演奏会を行い、以後41年までガウク、41~45年はナターン・ラフリンNathan Rakhlin、46~65年はコンスタンティン・イワーノフKonstantin Ivanov(1907― )、以後はエフゲニ・スベトラーノフが常任指揮者と音楽監督を務めた。2000年にスベトラーノフが退任後は、ワシリー・シナイスキーVasiliy Sinaiskyが常任指揮者と音楽監督に就任した。力強い響きとソ連時代の現代音楽の積極的な演奏に特色があり、ショスタコビチの交響曲第8番(1943作曲・初演。以下同じ)、第11番(1957)、第12番(1961)、ピアノ協奏曲第2番(1957)などを初演している。1964年(昭和39)初来日して以来、しばしば日本を訪れている。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android