コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシュ城 ロシュじょうChâteau de Loches

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシュ城
ロシュじょう
Château de Loches

フランスのツーレーヌ地方を流れるアンドル川を見おろす,眺めのよい敷地に,アンジュー侯フルク・ネラ (972~1040) が,みずから領地を防備するために築造した要塞。 11世紀には中世城郭建築の代表的作品である,高さ 37mの長方形ドンジョンが完成。 13世紀には扁桃形の塔が3つ添えられた城壁が周囲をめぐり,強化された。それ以後,小さな館や塔,礼拝堂などが増築され,15世紀頃には王家刑務所として使用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロシュ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ロシュ城】

Château de Loches》フランス中西部、アンドル‐エ‐ロアール県、ロアール川の支流アンドル川に臨む町ロシュの旧市街にある城。11世紀から15世紀にかけて建造。百年戦争の際、ジャンヌ=ダルクが王太子シャルル(後のシャルル7世)にフランス王として戴冠するよう進言した広間がある。ロアール渓谷流域の古城の一つとして知られ、2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ロッシュ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロシュ城の関連キーワードトゥレーヌ(フランス)

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android