コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロストラ Rostra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロストラ
Rostra

古代ローマの公共広場の一角に設けられた大きな演壇のこと。ラテン語ロストゥルム rostrum (くちばし) の複数形で,船のへさきに取付けて敵船への攻撃に用いた船嘴 (せんし) を意味した。前 338年アンチウムの海戦で捕獲した敵船のロストラを公共広場の演壇に飾ったことに由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロストラ【Rostra[ラテン]】

古代ローマのフォルム・ロマヌムにあった演壇。〈船の舳先〉を意味するロストルムrostrumの複数形で,演壇が前338年にアンティウムAntiumからもたらされた舳先で装飾されていたことに由来する。台上には多くの貴顕の肖像彫刻が並び,時代によって置き換えられたという。転じて,ローマ時代,聴衆に向かって雄弁家が演説をする場所をロストラといった。【青柳 正規】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロストラの関連キーワードアポロニオス(テュアナのアポロニオス)アポロニオス[テュアナの]アポロニオス[テュアナ]トロイルスとクリセイデワシリエフスキー島ゴルディアヌス1世フィロストラトスユリア・ドムナフォロロマーノユーカリノキスノーラインボッカチオチョーサーストレルカゴンドラ結月春菜太陽観測ノラナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロストラの関連情報