コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタ ロタLota

1件 の用語解説(ロタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロタ
ロタ
Lota

チリ中南部の炭鉱都市コンセプシオンの南約 30kmにあり,太平洋のアラウコ湾にのぞむ。 1662年建設の古い町であるが,発展は 1852年本格的な採炭が始ってからで,88年コンセプシオンと鉄道で結ばれてから急速に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のロタの言及

【ナガ族】より

…ヒンドゥー・カースト社会の影響をほとんど受けず,比較的古い文化の特色を残していることで知られている。人種的にはモンゴロイドに属し,コニャク,アオ,セマ,チャケサング,アンガミ,ロタ,その他多くの部族から成る。チベット・ビルマ語派系の言語を話すが,部族ごとの方言差が著しく,物質文化や社会組織の面でも地域差が少なくない。…

※「ロタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロタの関連情報