コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロトンダ rotonda; rotunda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロトンダ
rotonda; rotunda

建築用語。ドームのある円形建築またはドームをもつ大広間。古代ギリシアのトロスに由来する。代表例はローマのパンテオン,住宅としては A.パラディオビラ・ロトンダなど。ロンドンのチズウィック・ハウス (1725) やワシントン D.C.のアメリカ国会議事堂などもその新しい例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロトンダ【rotonda[イタリア]】

円形ないしそれに近い多角形プランの部屋,または建物のこと。多くはドーム状の天井や屋根をもつ。ロトンドrotonde(フランス語),ロタンダrotunda(英語)ともいう。円形の空間は人々の宇宙観,生死観と深い関連をもち,古くから墳墓や神殿の形態として用いられた。古代ギリシアの円形神殿(トロスtholos)もその一例であり,ローマのパンテオン(2世紀初め)は最も壮大な円形神殿で,〈ロトゥンダRotunda(ラテン語)〉の代名詞で呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロトンダ【rotonda】

平面が円形でドーム屋根の建築物。また円形の部屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ロトンダの関連キーワードテッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群トマールのキリスト教修道院ピオ・クレメンティノ美術館アルバーノ・ラツィアーレアギオスゲオルギオス教会ボニファチウス4世コスモアイル羽咋バーリントン伯ポーランド美術スカモッツィビチェンツァ建築物平面

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android