コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロトンダ ロトンダ rotonda; rotunda

3件 の用語解説(ロトンダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロトンダ
ロトンダ
rotonda; rotunda

建築用語。ドームのある円形建築またはドームをもつ大広間。古代ギリシアトロスに由来する。代表例はローマのパンテオン,住宅としては A.パラディオビラ・ロトンダなど。ロンドンのチズウィック・ハウス (1725) やワシントン D.C.アメリカ国会議事堂などもその新しい例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロトンダ【rotonda[イタリア]】

円形ないしそれに近い多角形プランの部屋,または建物のこと。多くはドーム状の天井や屋根をもつ。ロトンドrotonde(フランス語),ロタンダrotunda(英語)ともいう。円形の空間は人々の宇宙観,生死観と深い関連をもち,古くから墳墓や神殿の形態として用いられた。古代ギリシアの円形神殿(トロスtholos)もその一例であり,ローマパンテオン(2世紀初め)は最も壮大な円形神殿で,〈ロトゥンダRotunda(ラテン語)〉の代名詞で呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ロトンダ【rotonda】

平面が円形でドーム屋根の建築物。また円形の部屋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロトンダの関連キーワード多角形ペンデンティブ凹多角形近く等辺多角形凸多角形外接多角形楕円形等角多角形内接多角形

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロトンダの関連情報