コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロペオカンダ Lopé Okanda

デジタル大辞泉の解説

ロペ‐オカンダ(Lopé Okanda)

ガボン中央部にある国立公園。1万5000年前の氷河期に形成されたサバンナ生態系が残存し、ゴリラ、マンドリルチンパンジーコロブスをはじめとする希少な哺乳類の生息地として知られる。また、ピグミーバンツー族が居住し、先史時代の岩絵や遺構などが数多く残っている。2007年、「ロペオカンダの生態系と残存する文化的景観」の名称で世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android