コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマヌス4世 ロマヌスよんせいRomanus IV Diogenes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマヌス4世
ロマヌスよんせい
Romanus IV Diogenes

[生]?
[没]1072. プロテ島
ビザンチン皇帝 (在位 1067~71) 。小アジアのカッパドキアの軍人貴族の出身で,コンスタンチヌス 10世の未亡人エウドキアと結婚,即位。優秀な軍人で,ペチェネグ戦役で軍功を立て,さらにセルジューク・トルコとの戦い (1068~69) にも軍功をあげたが,1071年8月 19日のマンジケルトの戦いでは味方のアンドロニクス・ドゥカスの裏切りによりアルプ・アルスランに敗れ,捕虜となった。身代金,年貢,トルコ軍捕虜の返還などを条件に釈放されたが,その間首都コンスタンチノープルではミカエル8世が即位 (71) していたため,帰国により一時内乱状態に陥った。抗争に敗れて両眼を焼かれ,プロテ島に流されたが,この傷がもとで没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロマヌス4世の関連キーワードミカエル・アタライアテスコンスタンチヌスミカエル7世カッパドキア軍功

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android