コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンジケルトの戦い マンジケルトのたたかいBattle of Manzikert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンジケルトの戦い
マンジケルトのたたかい
Battle of Manzikert

1071年8月 19日,セルジューク・トルコがビザンチン領小アジア侵入を決定的にした戦い。スルタンアルプ・アルスランはアルメニアのバン湖の近くのマンジケルト (現マラズキルト) でビザンチン皇帝ロマヌス4世と対峙。数のうえでは優勢であったが,異質の外国人傭兵を主力としたビザンチン側は,アンドロニクス・ドゥカスの裏切りにより全滅,皇帝は捕虜となった。毎年の進貢義務,身代金,トルコ軍捕虜の送還などを条件に皇帝は釈放されたが,ビザンチン帝国は以後小アジアを失い,その結果,80年にはイコニオンにスルタン・ルーム王国が建設された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マンジケルトの戦いの関連キーワードミカエル7世

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android