コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローカーヤタ派 ローカーヤタは

2件 の用語解説(ローカーヤタ派の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ローカーヤタは【ローカーヤタ派】

インドにおいて唯物論・快楽論の立場に立つ一学派。釈迦時代のアジタ・ケーサカンバリンなどはその代表。アジタによれば、地・水・火・風の四元素のみが実在で、因果は否定され、善行や祭祀さいしは無意味だとされる。順世派。順世外道。チャールバーカ派。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローカーヤタ派
ろーかーやたは
Lokyata

インド哲学において唯物論を唱えた学派。ローカーヤタとは「世間に順(したが)う者」の意で、順世派と訳す。仏典では順世外道(じゅんせいげどう)。チャールバーカCarvka派ともいう。地・水・火・風の四元素とその活動する場所としての虚空(こくう)のみを実在とし、霊魂や来世の存在を否定し、いかなる行為をなしてもその果報はないと主張する。認識論のうえでは、五官による知覚以外には認識はないとする感覚論的立場をとり、実践生活のうえでは快楽主義を唱えた。また、詭弁(きべん)を弄(ろう)したとも伝えられる。代表的思想家としては、紀元前5世紀ころの自由思想家で六師外道(ろくしげどう)の1人であるアジタがあげられる。学派としては後代まで存続したが、思想的発展はほとんどなかった。バラモン教正統学派からは異端として、最低の思想に位置づけられる。[松田愼也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のローカーヤタ派の言及

【観念論】より

…これが解脱である。 これに対して,チャールバーカ,ローカーヤタ派などと称せられる人びとは,世界も心も物質の所産であると唯物論的な考えを表明している。ウパニシャッドの哲人ウッダーラカ・アールニ,原子論を唱えるニヤーヤ学派,バイシェーシカ学派にもそうした傾向が皆無ではないが,それでもなおこの経験世界を迷妄の所産とし,そこからの解脱を希求するなど,全体としては観念論というべきである。…

【順世派】より

…古代インドの自由思想家の一人アジタ・ケーサカンバリンが説いた唯物論・快楽至上主義の説を奉ずる学派。アジタの四元素説は霊魂の存在を完全に否定するもので,正統バラモン思想のアートマンを否定する一方,当時の人々が最も重大視したの報いの有無の問題に関しても,善悪の行為の報いはいっさい否定し,道徳も宗教も必要なしとするものであった。このように来世を認めず,業の報いを否定し,現世の快楽を至上とする思想をサンスクリットでローカーヤタLokāyataと呼び,仏典は〈順世外道〉と訳している。…

※「ローカーヤタ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローカーヤタ派の関連キーワード准后準星順世派食連星青白磁仁清基準標本小川俊政木村順成アジタ・ケーサカンバリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone