コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順世派 じゅんせいはLokāyata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順世派
じゅんせいは
Lokāyata

「世俗に従う者」の意。ゴータマ・ブッダと年代的に近接するアジタに代表される古代インドの唯物論の一派。霊魂の存在を否定し,地,水,火,風の4元素とその存在の場である虚空のみを実在として認め,業の結果をも否定し,現世主義,快楽主義を主張,その主張はチャールバーカ Cārvākaとも呼ばれる。なおインドの唯物論は近代にいたるまで行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんせいは【順世派】

古代インドの自由思想家の一人アジタ・ケーサカンバリンが説いた唯物論・快楽至上主義の説を奉ずる学派。アジタの四元素説は霊魂の存在を完全に否定するもので,正統バラモン思想のアートマンを否定する一方,当時の人々が最も重大視した報いの有無の問題に関しても,善悪の行為の報いはいっさい否定し,道徳も宗教も必要なしとするものであった。このように来世を認めず,業の報いを否定し,現世の快楽を至上とする思想をサンスクリットローカーヤタLokāyataと呼び,仏典は〈順世外道〉と訳している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

順世派
じゅんせいは

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の順世派の言及

【快楽主義】より

…彼の学園ではつねに快活な笑いとくつろいだ喜びが絶えなかったという。一方インドのチャールバーカ派あるいは順世派では極端な唯物論の立場をとり,感覚的実在以外に何も認めず,輪廻も業も否定した。とすれば人生の目的は感覚的快楽の追求もしくは苦痛の回避しかないと考えた。…

※「順世派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android