コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローズクランス Rosecrans, William Starke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローズクランス
Rosecrans, William Starke

[生]1819.9.6. オハイオキングストン
[没]1898.3.11. カリフォルニア
アメリカの軍人,政治家。 1842年陸軍士官学校卒業。陸軍に入り,54年いったん退役したが,南北戦争勃発とともに北軍准将として陸軍に復帰,G.マクレラン将軍のもとで戦い,功績をあげた。 62年少将。同年 12月 31日~63年1月3日のマーフリーズバラの戦いで,その攻撃精神を高く評価された。しかし翌 63年6月チカモーガクリークで南軍の B.ブラッグ将軍を一度は圧迫しながら反撃にあって大敗,攻勢にあった北軍が守勢に転じるきっかけをつくった。そのため解任され,第一線から退き,67年退役。 68~69年メキシコ駐在公使,81~85年連邦下院議員,次いで会計監査委員をつとめた。 93年カリフォルニアへ引退。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ローズクランスの関連キーワードチカモーガの戦い

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android