ローベルト(読み)ろーべると(英語表記)Carl Robert

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローベルト
ろーべると
Carl Robert
(1850―1923)

ドイツの考古学者、古典学者。1866年から、古典文献学の雑誌『ヘルメス』の編集を行い、80年にはベルリン大学、90年からはハレ大学の教授となった。遺物・遺跡に対する解釈を考古解釈学として体系づけ、新領域を開拓したことで知られる。考古解釈学は、遺物・遺跡に対し、何であり、本来はどうであり、何を表し、何を意味するかなどの究明を任務としている。著書に『イリアスの研究』(1901)、『考古解釈学』(1919)などがある。[南 博史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android